ホーム>スタッフブログ>2014年10月

2014年10月

ときわ村 稲刈りツアー レポート2014

生産者と消費者、思いを一つに。「稲刈りツアー」に行ってきました!

2014107173057.JPG

 

10 月4、5 日に、有機米「太陽米つがるロマン」の産地、青森県へ稲刈りツアーへ行ってきました!台風18 号が日本に接近中で天候を心配していましたが、2日間を通して雨天に合う事もなく良い天候に恵まれました。稲刈り体験は、お米の生産者の一人、米村さんの圃場で。なんと我々が到着するほんの30分前まで、まとまった
雨が降っていたそうです。到着した時には雨は止み、時おり雲と雲の隙間から青空が覗くほどでした!

 

ワーッ!キャー!雨上がりで田んぼの生き物も大歓迎!

稲刈り体験をした圃場には、今まで雨宿りしていた大量のバッタやイナゴ、カエルまで、我々を歓迎してくれるかのように元気に飛び跳ねていてびっくり!有機米の田んぼでの稲刈り体験は、最初は不慣れなため、ワー!キャー!と叫び声が飛び交う中で始まりました。生産者の米村さん、古川さんの指導のもとで作業を始めると、「カマを入れて稲を刈り取る瞬間がサクッ!として気持ちいい!」と徐々に皆慣れてきた参加者の皆さん。いつのまにか夢中で稲刈りに没頭していました。

2014107173417.JPG

「へぇ~そうやってやるんですね!」

2014107173452.JPG

「ほうらここにも生き物がいるよ~」

2014107173518.JPG

「自然農法の圃場には沢山の小さな命が育まれてるのだなぁ~」

思いを一つに。生産者と交流会

 陽が落ちると寒さも増してきたので公民館へ移動。生産者を囲んで交流会です。農作業を終えた米村さんが持って来てくれた収穫したての茹で枝豆や、農協婦人部の皆さんの手づくり大福!おいしいおもてなしで、心も体もホッと一息。

さらに場所を変えて、夕食をいただきながら最後の交流会。生産者の古川さんから現代の環境問題・健康問題についてミニ講義がありました。私達の健康や地球環境を改善するためには化学農薬・化学肥料に頼らない農業が拡大していく事が必要。また、消費者側としては「自然農法の作物を食すること」で農家を支援
していくこと…その循環の大切さを古川さんのお話から改めて痛感させられました。

2014107174339.JPG

講義をしてくださった生産者の古川徹さん。

2014107174430.JPG

参加者の皆さんも真剣です。

2014107174220.jpg

会員の皆様からお寄せ頂いた「生産者へのメッセージ」を交流会で生産者へ贈呈。「明日への活力になります」と、とても喜ばれていました。

■消費者の皆様へメッセージ

 有機米生産者の横山英樹さんの話によると、「平年の青森の夏は、8月初旬のねぷた祭りが終わると暑さが落ち着き過ごしやすい気温になるんですが、ここ3年くらいは残暑が厳しくて、8月の農作業は過酷が極まる程でした。 一方、今年の夏は平年通りの青森の気候が戻ったので、お米の作柄(生産量)は豊作です!!」と
満面の笑みで応えてくれました。稲刈りを終えたお米は現在、もみずり、乾燥作業などで調整中。お届けは11 月予定です!

<<有機米生産者 米村英樹さんからのメッセージ動画が届きました!!ぜひご覧ください!!>>

2014107174834.JPG

 

 

太陽米つがるロマン ご注文はこちら 2014107174942.jpg

 

自然食品 オーガニックショップ 太陽