ホーム>スタッフブログ>太陽食品からの旬なニュース>稲刈りツアーレポート2019

※【ご注意ください】クレジット決済をご利用のお客様へ※

太陽食品からの旬なニュース

稲刈りツアーレポート2019

2020110163159.jpg

2019年10月5日・6日、太陽米のふるさと、青森県藤崎町へ。有機米の稲刈りや、竹嶋有機農園でのりんご収穫体験など、自然豊かな青森の地で、生産者の熱意や温かさに触れることができました。

2020110163329.jpg

 

2020110163619.jpg

太陽米つがるロマン生産者
古川徹さんよりメッセージ

今年は暑さの影響で雑草が多く、稲より成育が早いのでグングン大きくなってしまうので、雑草にお米の栄養を取られないようにと、除草に大変苦労しました。また暑さによりカメムシの害が例年より多く出ており、今年に限っては農薬をかけているような他の農家でもカメムシが発生するほど、いつもと違う気候でした。そんな中でも、有機の田んぼの稲たちは雑草や虫の害にも負けずに逞しく育ち、今年も無事に収穫を迎えられそうです。
ところで皆さんは、田んぼの土が良い土か悪い土か、何で判断するのかご存じですか?正解は、腐葉物(植物が分解されたもの)がどれくらい入っているかで判断します。5%以上あるとよい土。よい土にするために、毎年、稲刈りの後、干した稲わらをすき込む作業をします。腐葉物が沢山含まれた土の特徴は、水を掴むチカラ、酸素を掴むチカラがあるんです。酸素は微生物のためと、根がよくはるために必要です。酸素が豊富だと微生物の住処になります。わたしの圃場は、微生物が平均に比べて三倍あると、お墨付きをいただきました。ぜひよい土で育った太陽米を、今年もたくさんお召し上がり下さい。
 

 2020110164355.jpg

2020110164526.JPG

りんご生産者・竹嶋有機農園
竹嶋孝之さんよりメッセージ

今年の夏は高温が続き、とくに9月が
暑かった。りんごにとっては高温になって
しまうと、実が大きく柔らかくなりやすいのです。
ただ今年は、台風などの強風の被害がなく、色づきも良い傾向にあります。りんごの季節はこれからが本番です。食べて下さる皆様の健康を一番に考えて育てています。ぜひ今年も竹嶋農園のりんごをたくさんお召し上がりください。

▼太陽米つがるロマン・竹嶋さんのりんごのご注文はこちらからどうぞ▼

202011017628.jpg
202011017658.jpg

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.shizen-taiyo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/215