ホーム>スタッフブログ>太陽食品からの旬なニュース>季節の変わり目は自律神経を整えましょう。

※【ご注意ください】クレジット決済をご利用のお客様へ※

太陽食品からの旬なニュース

季節の変わり目は自律神経を整えましょう。

2020731162646.jpg

季節の変わり目は自律神経が乱れて、体調を崩してしまいがち。自律神経はストレスにも影響されるため、日中仕事でお忙しい方、残業続きでなかなかお休みが取れない方も要注意です。

自律神経がうまく機能しなくなると、様々な体調不良の症状として現れ、放っておくと慢性病の原因ともなります。

■そもそも自律神経ってなに?

自律神経とは内臓、血管などの働きをコントロールし、体内の環境を整えるものです。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」がの2系統があり、これらが正常に働くことで、血管を通じて酸素と栄養が全身の細胞に届けられ、呼吸・血流・消化・代謝・体温調節といった、大切な機能が正常に保たれます。
この2
つの神経がバランス良く働いている状態が、身体にとっても快適な状態です。

2020731163254.jpg
2020731163327.jpg

 \太陽食品おすすめ!/

自律神経の乱れを防ぐ3本柱

①米・野菜・発酵食品中心の「和食」を

 

2020731164426.jpg

お米は体を温めてくれます。さらに雑穀やお豆を混ぜて炊けば、白米に不足しがちな栄養が補われ、食物繊維やミネラルもアップします。
子どもたちに人気のさつま芋ごはんもおすすめです。

2020731164531.jpg

夏こそおすすめしたいのは一日一杯のお味噌汁。
冷え性や貧血を予防したり、夏の疲れた胃腸を整えてくれます。具には、海草や季節の野菜を取り入れて。
ぬか漬けや納豆などの発酵食品も腸内環境を整えてくれます。

②補助食品で腸内環境を整えよう

「腸は第二の脳」とも呼ばれ、自律神経と密接な関係があってお互い影響し合っています。
腸内細菌のバランスを整えて腸の働きを良くすると自律神経が整います。補助食品の力を借りて、徹底的に腸内環境を改善しましょう!

 

 

③からだを「温熱」で温めよう

太陽食品のおすすめは、遠赤外線を放射しながら注熱で体を温める「三井式温熱治療器」。温熱治療器で温める習慣をつけることで、基礎体温が上昇します。
すると体内の酵素の働きが活発になり免疫力が高まって本来誰もが持ち合わせている自然治癒力が再生します。特に「背中」・「首のつけ根」・「仙骨」部分に注熱を行うことは乱れた自律神経バランスを整えるポイントです。

2020731165425.jpg

遠赤外線でしっかり注熱!
 三井式 温熱治療器Ⅲ 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.shizen-taiyo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/242