ホーム>スタッフブログ>2021年6月

※【ご注意ください】クレジット決済をご利用のお客様へ※

2021年6月

2021年6月17日 希望が丘店NEWS

2021617172722.jpeg

今月のダブルポイントデーは

6/21(月)〜6/26(土)まで行います。

ご来店お待ちしております^_^!

2021617172559.jpeg

のらくら農場さんの

美味しい「ケール」入荷しました!

このケールを食べると

ヤミツキになってしまいます。

 

現代人は、食べても食べてもミネラル不足!?

201932914253.jpg

私たちの体で重要な働きをしている栄養素「ミネラル」
ミネラルは体内で作ることが出来ないため、食べ物から補う必要がありますが、すでに現代の日本人の90%が深刻なミネラル不足に陥っていると言われています。


★ミネラル不足の原因①

 農作物の
 ミネラルが減少!

化学農薬、化学肥料の使用で水や土壌が汚染され、ミネラルが枯渇し、作物に含まれるミネラルも激減しました。
(下図参照)
土中の微生物も減り、土に生命力が無くなり、化学肥料に頼らざるを得ないという悪循環に陥っています。

2019329144214.jpg

文部科学省の「日本食品標準成分表」によると、1950年と比べると2000年の野菜は栄養価が6~10分の1くらいに減っています。
農薬や化学肥料による土壌汚染は、野菜の栄養価の減少に大きく影響しています。

 


★ミネラル不足の原因②

 ミネラルが
 抜かれた加工食品

コンビニ弁当や外食チェーン店などで使われる水煮食材や冷凍食材は、形はあってもミネラルがほとんど含まれません。加工の段階でほとんどのミネラルが溶け出てしまっているからです。精製された白砂糖や化学塩、精製油の使用もミネラル不足に加担しています。

 


★ミネラル不足の原因③

 添加物や白砂糖の
 摂り過ぎ

ハム、ソーセージ、インスタント麺、練り製品、菓子、清涼飲料などの加工食品に添加されている食品添加物「リン酸塩」は、体内のミネラルと結合して吸収を阻害するため、ミネラル不足につながります。また白砂糖の摂り過ぎは体内のミネラルを浪費してしまいます。

 

ミネラル不足が続くと
脳が栄養失調に!

2019329145045.jpg

脳は、私たちの体の司令塔です。また、脳内で情報や指令を伝えているのは神経で、脳も神経でできています。神経細胞から情報を伝えるときには、神経伝達物質とよばれる化学物質で情報を伝えています。この神経伝達物質は、タンパク質を原料とするアミノ酸と酵素が反応することでつくられます。この、神経伝達物質の合成をサポートしているのがミネラルです。

ミネラル不足が続くと「神経伝達物質」の量が不十分となり、神経細胞が弱ります。体の司令塔である脳の働きが鈍ると、心身のあらゆる不調が現れてきます。
現代の日本は、バランスの良い食事を意識しておかないと、脳が栄養失調になりやすいのです。心と身体を健康に保ち、神経伝達物質の合成や情報伝達が正しくおこなわれるよう食生活をきちんと整えましょう。

 


ミネラル豊富な
太陽の自然農法野菜がおすすめ!


201932915126.jpg

太陽の光、水、そして土の中にある微量ミネラルや栄養素、そのコーディネートをしている微生物や小動物たちが育てているのが、本当の作物だと私たち太陽食品は考えています。
健康な土から採れた作物は、安全であるだけでなくビタミンやミネラルなどのほか栄養分もとても豊富です。
それぞれの特長が十分に引き出され、本物の味と香りを持っています。生きた土地が作る野菜は昔と変わらぬ力強さをもっています。

2019329153611.jpg

またもうひとつ、野菜の栄養価に影響を与えるのは “旬” 。
旬の野菜は栄養価は高い上、自然の理によって栽培できるために農薬や化学肥料に頼らずに栽培ができます。
太陽食品の生産者が作った、旬の野菜を選んで食べるだけでミネラルたっぷりの、生命力あふれる食事が摂れるのです。


 ▼ミネラル豊富!太陽の自然農法野菜のご注文はこちら▼ 

2019329155214.jpg

季節の変わり目は自律神経を整えましょう。

2020731162646.jpg

季節の変わり目は自律神経が乱れて、体調を崩してしまいがち。自律神経はストレスにも影響されるため、日中仕事でお忙しい方、残業続きでなかなかお休みが取れない方も要注意です。

自律神経がうまく機能しなくなると、様々な体調不良の症状として現れ、放っておくと慢性病の原因ともなります。

■そもそも自律神経ってなに?

自律神経とは内臓、血管などの働きをコントロールし、体内の環境を整えるものです。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」がの2系統があり、これらが正常に働くことで、血管を通じて酸素と栄養が全身の細胞に届けられ、呼吸・血流・消化・代謝・体温調節といった、大切な機能が正常に保たれます。
この2
つの神経がバランス良く働いている状態が、身体にとっても快適な状態です。

2020731163254.jpg
2020731163327.jpg

 \太陽食品おすすめ!/

自律神経の乱れを防ぐ3本柱

①米・野菜・発酵食品中心の「和食」を

 

2020731164426.jpg

お米は体を温めてくれます。さらに雑穀やお豆を混ぜて炊けば、白米に不足しがちな栄養が補われ、食物繊維やミネラルもアップします。
子どもたちに人気のさつま芋ごはんもおすすめです。

2020731164531.jpg

夏こそおすすめしたいのは一日一杯のお味噌汁。
冷え性や貧血を予防したり、夏の疲れた胃腸を整えてくれます。具には、海草や季節の野菜を取り入れて。
ぬか漬けや納豆などの発酵食品も腸内環境を整えてくれます。

②補助食品で腸内環境を整えよう

「腸は第二の脳」とも呼ばれ、自律神経と密接な関係があってお互い影響し合っています。
腸内細菌のバランスを整えて腸の働きを良くすると自律神経が整います。補助食品の力を借りて、徹底的に腸内環境を改善しましょう!

 

 

③からだを「温熱」で温めよう

太陽食品のおすすめは、遠赤外線を放射しながら注熱で体を温める「三井式温熱治療器」。温熱治療器で温める習慣をつけることで、基礎体温が上昇します。
すると体内の酵素の働きが活発になり免疫力が高まって本来誰もが持ち合わせている自然治癒力が再生します。特に「背中」・「首のつけ根」・「仙骨」部分に注熱を行うことは乱れた自律神経バランスを整えるポイントです。

2020731165425.jpg

遠赤外線でしっかり注熱!
 三井式 温熱治療器Ⅲ 

食(ミネラル)で心(ハート)を元気に!国光美佳先生ブログのご紹介

『食で変わる心と体』をテーマに

ミネラルで子どもたちの心と体の健康を支える活動をされている、

子どもの心と健康を守る会代表、食学ミネラルアドバイザーの

国光美佳先生がブログを始められました。

「一人でも多くの子どもたちが、

心の健康をとりもどし、

笑顔で自分の力を発揮してほしい!」

そんな願いを込めて、

ミネラルの大切さをお伝えくださっている国光美佳先生。

 

ミネラルは、私たちの精神面への影響も大きい栄養素のひとつです。

食から心へアプローチをしていくと同時に、食の見直しをしながら、

「食によるミネラル補給+心のケア」の両輪で、

お子さんの心と健康を守るミネラルハートプロジェクトを提案されています。

 

ブログでは、ミネラルにまつわるエピソードや

ご家庭でできる簡単ミネラルレシピ、

クスリの問題、セミナー情報などを発信してくださる予定です。

 

ぜひご覧下さい!

202169104516.jpg

2021年6月2日 希望が丘店NEWS

202162153328.jpeg

中沢さんの奇跡の桃

ご注文承ります!

無農薬の桃で笑顔に\(^o^)/

 

 

202162153436.jpeg

意外と売れている土!

お花も野菜も良く育ちます♪

 

202162153523.jpeg

羅漢果ご存知ですか?

天然甘味料で美味しく食べて健康に!

まとめてご購入いただくとお得です♩