ホーム>様々な健康生活をご紹介>おみそ汁、しっかり食べよう運動>太陽食品の おみそ汁 しっかり食べよう運動
おみそ汁、しっかり食べよう運動

太陽食品の おみそ汁 しっかり食べよう運動

おみそ汁モグモグいただきます

おみそ汁しっかり食べよう運動

 

みそ汁イラスト 野崎さん

太陽食品の「おみそ汁しっかり食べよう運動!」

2013年、ユネスコ無形文化遺産に「和食」が登録され、日本の伝統文化を見直すよい機会となりました。しかし未だにファミレスやコンビニ食、ジャンクフードなど、安価で手軽な食事が後を絶たず、体や心の病気が蔓延しています。さらに家 庭では、和食の中心であるみそ汁離れも進行しています。でも難しく考える必要はないのです。朝、昼、晩、いつでも良いからまずは一日一杯おみそ汁を食べる 習慣をつけるだけで、体にも心にもイイコトがたくさん起こります。若者や子どもたちにおみそ汁の良さを広めて健康づくりをしていきましょう!

 

 

おみそ汁をしっかり食べると、イイコトたくさん!

 

イイコトたくさん

 

夏から秋へ。みそ汁と野菜で「腸」も絶好調!!

発酵食品であるお味噌は、体にもいいことがいっぱいです。みそ汁はミネラル豊富で、腸の働きを助けてくれる腸内細菌にエサを与えて腸を活性化させてくれる万能食。みそ汁の具に季節の野菜を加えれば、その季節に合った体づくりができるのです。特に、夏から秋への季節の変わり目は、夏に溜まった毒素をきちんと排出し(解毒)、腸の免疫細胞を活性化させて(免疫)、寒い季節に向けた体にすることが必要。腸を整えるために「みそ汁」はおいしく手軽に続けれられる一番の方法なのです。

 

生産者おすすめ ホッとする根菜の汁物レシピ

さといもみそ汁

里芋の生産者 宮崎県の川越さんおすすめ!
「さといものおみそ汁」

①里芋の皮をむいてスライスし、ボールに入れて塩もみし、ぬめりを取って水洗いします。
②①をだし汁の中に入れて柔らかくなるまで煮て、油揚げを入れて味噌を溶きます。
③最後に薬味(ネギ、ニラ等)を浮かべれば出来上がり。
★我が家ではいりこで出しを取って自家製の味噌を入れるのでとってもおいしいですよ。

 

 

れんこんみそ汁

れんこんの生産者 福岡県の小山さんおすすめ!
「れんこんのおみそ汁」

れんこんを縦に細く切り、油揚げ、豚バラ肉と一緒にだし汁で煮て、最後にみそを溶きます。
★ポイントは「れんこんを縦に切ること」。食感が出ておいしいんです。豚バラ肉からもいいおだしが出ますよ。ぜひ作ってみてくださいね。

 

つぼ汁

ごぼうの生産者 鹿児島県の久木留さんおすすめ!
「ごぼう入 つぼ汁」

熊本出身の知り合いの方から教えていただいたレシピです。ごぼうを5mm くらいに細かく切り、にんじん、れんこんも同様に切ります。細切りにしたうす揚げとともに水から煮て、しょうゆのだし汁で味付けをして出来上がり。★ごぼうをたくさん入れると風味と旨みが増すそうですよ。鶏肉を入れてもおいしい。味噌で味付けしてもおいしそうですね。