コンテンツ

根菜さん、出番ですよ~!

根菜さん出番ですよ

今週の野菜メニューはこちらをクリック

大地のエネルギー!根菜で秋冬に備えよう。

根菜さん れんこん

 れんこん 

れんこんは、ハスの花の地下茎でレモンと同等のビタミンC を含みます。主成分のでんぷんがビタミンC を守ってくれるので加熱しても壊れにくいのが利点。造血効果も高いうえ、のどの痛みやぜんそくにもいいとされる、毎日食べたい根菜です。

切り方によっていろんな食感が楽しめる!炒め物やピクルスにするときは、れんこんを穴が見えるように輪切りするとシャキッとした味わいが楽しめます。煮物などには、繊維質に沿って縦切りにするとホクホクとした食感に。すりおろせばモチモチになるのでつみれやハンバーグに。

根菜さん れんこん 生産者

根菜さん ごぼう

 ごぼう 

ごぼうは食物繊維の宝庫。腸内をキレイにしてくれるので、生活習慣病の予防やダイエットにもってこいの根菜です。ごぼうの香りは、肉や魚の生臭さを消したり、風味を増すので、料理にごぼうを加えると回りの素材が引き立ちます。

ささがきごぼうは理にかなった調理法!
ごぼうの食物繊維リグニンは抗菌作用があり、腸内で発がん物質を吸着する力があるので、抗がん作用が期待できます。リグニンは空気に触れることで成分が増えるので、細く薄く切る「ささがき」は成分を引き出す理にかなった調理法です。

根菜さん ごぼう生産者

根菜さん さといも

 さといも 

さといものぬめりの元、ガラクタンやムチンは脳細胞を活性化したり、胃腸を保護し、肝臓や腎臓の働きを助けてくれます。芋類のなかでも低カロリーで食物繊維が豊富。身体にたまった毒素を排出し、風邪や感染症を防いで体力をつけるのに役立ちます。

ぬめり成分を食べるには煮物や汁物で!
みそ田楽、きぬかつぎ、煮転がし、コロッケ、けんちん汁など、調理も多彩な里芋!煮物や汁物、きぬかつぎにすると溶け出したぬめり成分ごと食べられるのでおすすめです。

根菜さん さといも 生産者

根菜さん 金時さつま芋

 金時さつま芋 

さつま芋に含まれる豊富な食物繊維は便秘解消に、過剰なストレスからくる胃腸障害にも効果があります。さらに柑橘類と同等のビタミンCを含み、美肌づくりや風邪予防にも役立ちます。さつま芋のビタミンは熱に強いので、女性や胃腸の弱い方にはさつま芋スープがおすすめ。

皮には腸内ガスの派生を防ぐミネラルが。焼き芋や蒸した芋は、できれば皮ごと食べるのがおすすめ!なぜなら、皮に含まれるミネラルが、胸焼けを防いだり、糖質の異常発酵を抑えて腸内ガスの発生を防いでくれるからです。

根菜さん 金時さつま芋

根菜さん 大根

 大根 

大根には分解酵素のアミラーゼ(ジアスターゼ)を豊富に含み、消化を促進して胸やけや胃酸過多、胃もたれ、二日酔いなどに効果があります。またビタミンC が多い皮には毛細血管を強くするというビタミンP が含まれ、脳卒中の予防に効果が期待できます。

生でも煮物でも美味しいのがうれしい大根。
大根の栄養を最も効果的にとれるのが生のまま、大根おろしやサラダ、なますがおすすめ。大根のふくよかな甘みを味わうなら、おでんや煮付けが最高!ゆでる時に米のとぎ汁を入れるとアクが抜けて甘みが増します。

根菜さん 大根生産者

根菜さん 人参

 にんじん 

にんじんは緑黄色野菜のなかでもβカロテンの量が群を抜いて多い健康野菜です。老化防止、がん予防、美肌、整腸効果、風邪予防、動脈硬化予防、ドライアイ防止などなど、沢山の健康効果があります。にんじんジュースにはもちろん、毎日の食卓の彩りにも活躍します。

皮にカロテンが一番多い!
にんじんの甘み、うまみ、そしてカロテンは皮の部分に最も多く、実の部分の2.5倍も含まれています。にんじんはよく洗って皮ごと調理がおすすめ。むいた皮をきんぴらにしても。

根菜さん 人参 生産者

根菜たっぷりけんちん汁

根菜たっぷりけんちん汁

けんちん汁とは、鎌倉市の建長寺というお寺の修行僧が作って食べていた建長汁が由来と言われています。現在では味噌仕立てが一般的ですが、もともとは醤油仕立て。とてもあっさりとしていて野菜も豊富なので和風ポトフのような味わいになります。

<材料>大根、にんじん、里芋、れんこん、ごぼう、金時さつま芋 各適量(小さめの角切りにしておく)
[ 調味料]ダシ汁 、ごま油、塩、醤油、酒、みりん  各適量

<作り方>
①鍋でごま油を熱して、材料を炒め、全体に油が 馴染んだところで、ダシ汁を加える。②煮立ったら弱火にして、アクを取りつつ調味料を加えます。③野菜が柔らかくなれば、けんちん汁の完成です。

今週の野菜メニューはこちらをクリック