インフォメーション

稲刈り&りんご収穫体験ツアーのご案内

稲刈り&りんご収穫体験ツアーのご案内

有機米作りは自然との戦い。でも食べて下さる人が いる限り、ずっとまじめに作って行きたい──── 毎年消費者の方々が産地に足を運んで下さることが 生産者の励みとやる気につながっています。 稲刈り体験やりんご収穫体験など、楽しいイベント がいっぱいの心温まるツアーにぜひご参加下さい!

⇒昨年のツアーの様子はこちら

⇒昨年のツアーの様子はこちら

⇒昨年のツアーの様子はこちら

★参加をご希望の方は、担当営業または太陽食品までお申し込みをお待ちしております。
(定員になり次第〆切とさせていただきますので、お早めにお申し込みくださいませ!)

TEL:045-942-4001
FAX:045-942-9345
Email:shop@taiyo-shokuhin.com

宅急便送料の値上げにつきまして

<お客様各位>宅急便送料の値上げにつきまして


いつもオーガニックショップ太陽をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

運送会社の相次ぐ値上げに伴い、弊社でも宅急便の送料を値上げせざるを得ず、

下記の通り改変させていただくこととなりました。

平成29年10月9日より、改変後の価格を適用させていただきます。

多くの皆様にご負担をおかけすることをお詫びしますとともに、

重ねてご理解とご協力をお願い申し上げます。

宅急便送料の値上げにつきまして

「小児科医 相澤扶美子先生の講演会」に参加しませんか?

「小児科医 相澤扶美子先生の講演会」に参加しませんか?

現代は、ミネラルバランスが崩れた農産物や、

化学合成物質まみれの加工食品が世に溢れています。
大切なお子様を元気にすくすくと育てていくのも

単純にはいかない世の中になりました。そこで、

薬に頼らない、食育を取り入れた治癒を実践されている、

サンクリニック小児科院長の相澤扶美子先生に、

子どもに一体どんなものを食べさせたらよいのか?

離乳食はいつから?どんなものを与えたらよいのか?

お医者様と上手にお付き合いしていくには

どうすればよいのか?・・・etc。

子育て奮闘中のお母さま方にぜひ、

聞いていただきたいお話が盛りだくさんの講演会です。

ぜひご参加をお待ちしております。

開催日:平成29年7月9日(日)

13:00~15:00(受付12:40より)

会場:緑園なえば保育園

住所:横浜市泉区緑園4-4

<会場までのアクセス>

●電車:相鉄いずみ野線 「緑園都市」下車徒歩7分
●バス:神奈中 バス 緑園都市~東戸塚 緑園都市~
戸塚 「フェリス女学院」下車すぐ

参加費:500円(事前申し込み制)

講演会チラシは こちらをクリック

お申し込みは太陽食品まで

TEL 045-942-4001

平成29年 年頭所感

平成29年年頭所感バナー

平成29年、あけましておめでとうございます。
今年は酉年、どのような年になるのでしょうか。

長い歴史も、最初から一貫されたものではなく、一つ一つの節の積み重ねであって、一つのサイクルで築き上げられた制度や価値観は、一定の期間を経るといつしか色褪せ、次の新しいものへと変化を迫られる。

72年前の酉年は1945年。日本は終戦によってすべてが一変した時であった。遡ると1868年が明治維新、更に1790年は寛政の改革、1716年は享保の改革――等々、概ね70年位の周期で混沌とした時代を経ながら制度や価値観が大きく変化していることに気付かされる。

昨年の国際社会の動きを見ると、イギリスのEU離脱、アメリカ大統領選によるトランプ現象等、世界の各地でこれまで予想だにしなかったようなニュースが相次ぎ、目を見張らされた。第2次世界大戦以降築き上げられてきた、エリートのリベラル的価値観が大きくゆらぎはじめてきたことを意味しており、先行き不透明な様相を呈している。

日本の現状は高齢化社会を迎え、介護、医療、年金制度の問題は崩壊寸前である。更には安全保障や領土の問題、少子化や原発の問題等々、課題が山積している。
又、庶民の社会生活に目を移すと、病人が多い事に驚かされる。

日本では、病気になったら病院に行くのが通念であり、病気は病院が治してくれるものと一種の信仰のようになっている。しかし通っても一向に治らない現実に、近頃は不信感を抱く人も増えている。それはそのはずである。医者が病気を治すのではないからである。

病気は本来、自分の持つ自然治癒力が治すのであって、医者はあの手この手でその治癒力を高めるための手助けをするはずが、いつしか自分達が神様になったような気持ちで、自分が治すものと思い込んでいる。
このような奢りと傲慢が蔓延している今日、昨年5月、ある有力な週刊誌が〔国民必読〕という見出しで大々的に記事を連載した。内容の一部を取り上げると、

①患者の命より、病院と製薬会社の儲けが優先。
②薬を売るための病名。
③実は投薬のほとんどが無意味だと医者は知っている。
④ガン検診がガン患者を作る。
⑤医者に言われても受けてはいけない手術。
⑥人間ドックと脳ドックがあなたの寿命を縮める。
⑦身がボロボロになる。
⑧自分の家族には全身麻酔は絶対に受けさせない。
――等々、本当にこういう事を書いてもいいのか、と思われるような内容に驚かされる。

更に12月、他の週刊誌が〔スーパーの加工食品は毒物だらけ!!〕という命題で報道。その意味を克明に説明してあった。白い巨塔、医学会の深部が浮き彫りにされ、又、化学物質氾濫の現状とその危険性が堂々と表沙汰にされる時代となった。これ迄の常識や価値観が砂上の楼閣のようだ。

日本の国民は、感情をあまり表面には出さないが、これ迄の制度や価値観に大きな疑問や不信を抱きはじめているのではなかろうか。破壊と創造、化学、医療ルネッサンスの響きを感じながら新春を迎えた。
私たち太陽食品は周りの動向に一喜一憂することなく、自然と健康を守るというテーマのもと、地道に粛粛と邁進するのみである。

お買い物ページがリニューアルしました(スマートフォン版)

ショッピングページの商品カテゴリ内の一覧表示から「カートに入れる」ボタンができ、ご注文の操作が手軽になりました!ぜひご利用くださいませ。

 

「カートに入れる」のボタンを押すと、赤色に変わります。

 

さらに、会員登録をしたお客様は、Myページにログインすると「お気に入りに追加」ボタンが表示されます。

奈良県 吉野の有機栽培「梅」 ご予約承り中です♪

奈良県 吉野の有機栽培「梅」

梅干し・梅酒・梅ジュースは家庭の薬箱!

日本一の梅の産地、奈良県吉野の菊井さんは、除草剤を使わずに、畑の草をすべて手作業で刈り、自家製の「おから堆肥」で土づくりを行いながら、果樹にストレスを与えない農法を続けています。常に食べる人の健康を願う菊井さんの作る梅などの果実は、ひとつひとつに愛情がたっぷりこもっています。

↓有機栽培「梅」のご注文はこちらからどうぞ↓

奈良県 吉野の有機栽培「梅」

有機らっきょう 5/26よりお届け開始です!

今のうちに仕込めば、夏バテ対策にちょうど良い!!

有機砂丘らっきょうの生産者、久木留さんは、日本三大砂丘のひとつである鹿児島県の吹上砂丘で、農薬も動物性堆肥も一切使わずコツコツと土づくりに励み、自然農法でらっきょうを作っています。砂丘で育ったらっきょうは、土で育ったものよりも品質がよく肌が白くシャキシャキした歯ざわりが特徴です。

 

↓有機らっきょうのご注文はこちらからどうぞ↓